アースカラーでも地味になり過ぎない ハイテク中綿を使用するMONTURA GENESIS VEST

シェアする

今シーズンのモンチュラは、赤、オレンジ、ブルーといった原色を多用したカラーリングから一転し、アースカラーを用いたデザインが目立っています。もちろん、原色を多用したカラーバージョンも少ないですが存在しています。あくまでも全体的な傾向です。

アースカラーの流行はヨーロッパでのトレンドと言えますが、アースカラーを多用していても地味になりすぎないのがイタリアというお国柄なのでしょう。
ブルー、グリーン、イエローなどの差し色を加え、存在を主張するのがモンチュラらしいですね。

本日は今シーズンの新色Color9340が新たに加わったMONTURA GENESIS VEST (MVVD65X)をご紹介します。

モンチュラの色番号の9340の93は主として使われているグレーを表し、40は差し色となっているグリーンを表しています。
今シーズンはMONTURA GENESIS VEST (MVVD65X)以外のモデルにもColor9340がいくつか新色として加わっていますので、機会があればブログでご紹介したいと思います。

▼ロゴに明るいグリーンを入れることで地味になり過ぎないのがさすがです。

▼裏地は派手なグリーン。このグリーンが袖口や裾からチラチラ見えるのがお洒落です。

▼中綿には体熱を赤外線エネルギーにして取り込んだ後再び体温調整に利用するリサイクルエネルギーの機能を持つQUIET REVOLUTION® + Celliant® Heatを使用。

表の生地にはDWR(耐久撥水)処理を施した軽量ナイロン生地を使用。デザインだけでなく中身にもこだわっているのがモンチュラです。

MONTURA GENESIS VEST (MVVD65X)のオンラインストアはこちら

MONTURA(モンチュラ)「GENESIS VEST (MVVD65X)」中綿は高性能繊維断熱材Celliant®、外側はDWR(耐久撥水)処理を施した軽量ナイロン生地を使用したインサレーションベストです。ライニングはPertexQuantum®ファブリックを使用しています。裾と袖...
スポンサーリンク
記事上下PC用
TOPへ