シルバーの力で体温調整 MONTURA RUN RACY CANOTTA

シェアする

登山における体温調整と聞くと、”体を冷やさないようにする”ということばかりを耳にしますが、それだけではないのはご存じでしょうか?

登山やトレランなど運動することで、体温が上昇し汗をかくのは皆さんご存じのことだと思います。
汗の役割の一つとして、皮膚の表面で汗が蒸発することによって、気化熱の効果で身体が冷却されます。

体温が上昇しすぎると、運動のパフォーマンス低下をまねき、場合によっては熱中症になる場合もあります。

よって、体温調整には”体を冷やす”という意味合いも込められています。

モンチュラのウェアには体温調整をサポートする”X-Static”を使用したモデルが多数リリースされています。

X-Staticとは
金属の銀(シルバー)を繊維の表面に結合してつくられています。
ちなみに銀は金属の中で最も熱伝導(高温側から低温側へ熱が伝わる現象)に優れており、また臭いの元となるバクテリアの繁殖を防ぐ抗菌効果も備えた素材です。

ということで、本日はX-Staticを使用する
MONTURA RUN RACY CANOTTA (MCSR09X)をご紹介します。

▼背面側

▼背中(黒い部分)の広範囲にX-Staticのメッシュ生地を使用しています。

▼X-Staticの他にCOOLMAXなど速乾性や通気性、UVカットに優れた様々な素材を適材適所に使用しています。

ただいまセール中です。

▼MONTURA RUN RACY CANOTTA (MCSR09X)のオンラインストアはこちら

MONTURA(モンチュラ)「RUN RACY CANOTTA (MCSR09X)」絹のような肌触りの速乾素材センシティブファブリックを前身頃に、脇部には速乾性に優れたメッシュ素材、背中には抗菌効果と温度調整機能を持つ銀繊維X-Staticを使用。適材適所にあった数種類の素材で立体縫製されたノースリーブTシャツです。
スポンサーリンク
記事上下PC用
TOPへ